太陽光発電の光と熱と明かり

オールインワン技術は、光や熱に加えて自然の明かりを利用できるシステムとしており、日中は太陽光の明かりを利用できるので、光熱費の節約とともに私たちの感性にも訴えることができ、採用した事業者は売り上げが伸びているとしています。

ブライトフェイズエナジー社は、このオールインワン技術に徹底した研究を進めており、低コストというモデルに拘りをみせ、光や熱、そして明かりをバランスよく利用したい消費者にターゲットを絞って開発を続けているようです。

既に何社か光と熱を同時に収集可能な太陽光発電の開発を進めており、その中には太陽エネルギーの6割を利用することが出来るレンズの開発を進めているのですが、60パーセントものエネルギーを利用できるようになれば、将来的に相当な用途で使用できるだけでなく、資源の枯渇という面でも大きな役割を果たすことができます。

日本でも開発や研究に勤しんでいる企業もあるのかも知れませんが、大々的に発表している会社はなく、産業的にも可能性を十分に秘めているので、きっとタイミングを図っているだけで、虎視眈々と技術を向上させるために動いている事でしょう。

太陽光発電をアピールするためにテレビコマーシャルなどで宣伝しているのをよく観ますが、それだけ現状の世の中で求められている事であることを意識して下さい。